iPhoneのお医者さん

iPhone修理に必要な工具

iPhone修理に必要な工具 iPhoneの修理にはいくつか専用工具が必要です。
工具は大きく分けて外装を分ける道具と各パーツをばらすために使うものがあります。
iPhone修理工具で必要となるものにドライバがあります。
ドライバについては外装をはずしたり、内部部品を取り外す際に使うのですが重要になるのが星形ドライバです。
外装は専用のネジが使われており、いわゆる星形の模様をしています。
ドライバはプラスやマイナスだけではなく、さまざまな形状が用意されています。
つぎに重要になるのが吸盤です。
ガラスのひび割れなどの際に利用しますし、通常の修理でも内部部品にアクセスするためにガラスを外すのに利用します。
吸盤については指をひっかけるようになっているものが使いやすいです。
そしてヘラです。
ヘラはガラスを吸盤で浮かしたら使いますが、それ以外にもさまざまな部品を外すために利用します。
iPhoneは粘着シートでついていないのでヘラで部品を浮かすことができます。

iPhone修理に必要な部品

iPhone修理に必要な部品 iPhoneの修理はドライバだけではケースを開けることはできません。
必要な工具が幾つかあり、また、各種交換パーツの入手も必要です。
iPhoneの修理工具は専用品があります。
多くの修理業者が利用し、また、通信販売もされています。
また、ケースを開けてしまえば精密ドライバなどで対応可能ですが、ネジ頭がすぐにだめになるようなドライバを利用してはいけません。
ネジ穴を壊すと部品そのものの交換になるケースがあるからです。
部品によっては通信販売時に専用工具もセットになっている場合もありますが、修理業としてやっていく場合は数度の利用で壊れるツールではなく、長く使える専用工具を用意しておきたいところです。
また、部品については耐久性が重要です。
中国製の場合が多いですが、精度に差があることが多いので信頼できる会社から購入したいところです。
特にガラス以外のパーツについては精度が悪いとすぐにダメになるケースが多いので要注意です。